給料計算でタイムカードを使って計算する時の注意点
0(0件)

働き方によっては給料の計算がタイムカードの労働時間で計算して
支払われるという人もいます。それでその人が1か月で何時間働いたか分かるので、その労働時間から給料を出す事になるのですが意外と多くの人がそこで誤解してしまっている事があります。

それは何かというとタイムカードに表示されている1か月の労働時間で純粋に時給で計算してしまうというのがあります。そのせいで労働者と使用者で争いが起きる事があります。
確かにタイムカードの労働時間だけを見ればその労働時間から時給で計算するのが理想です。

採用する前にしっかりと賃金の取り扱いについて話し合ってない事で起きるトラブル

企業によって労働時間の端数をこのラインで切り捨てるとか切り上げるという独自のルールを決めています。

なので、必ずしも働いた時間すべてを計算に入れて給料を出すわけではないです。ですが、ここで問題なのが使用者がその事を労働者としっかり話をしてなかったために悲しい誤解が生じてしまうというのがあります。

特に労働者は自分が働いた時間に対して給料がしっかり払われていたと思っているので、実際にはそうではなく労働時間の端数が切り捨てられていた事を後になって知った時はすごくショックを受けます。

しかも、その事が使用者からでなく自分がなんとなくタイムカードの労働時間から割り出して知った時はショックが大きいです。

それが原因で労働者と使用者の間で争いが起きたという事は意外とよくあります。この時に会社内ですべて解決するならまだ良いですが、場合によっては労働者が法的手段に訴える事があります。

そのせいで思わぬ事になる事もあるので会社は事前に社員と十分に話して給料について計算方法も含めて説明しておくのが良いです。

ですが、多くの企業は時給計算で給料を計算する時は独自のルールを決めておきながらそのルールの説明を怠っています。

それが後々になって厄介な事になる事もあるので自社にとっては不利な事になっても事前に給料の計算方法はしっかり話しておくべきです。

使用者が説明を怠ったためにどういう事が起きたか

では、実際にどういう厄介な事が起きたかというとあるバイトの労働者がいて自分の給料がしっかり労働した分払われてない事に気づいて、その仕事を辞める直前になって会社に未払いの賃金がある事を訴えたという事がありました。

その会社はその要求を突っぱねて未払いの賃金がある事を認めませんでした。それでその社員はプロに頼んで未払いの賃金の回収をしようとしたという事がありました。

会社としてもプロに法律を盾にされてもたまらないという事で最終的には未払い賃金の支払いに応じる事になりました。

こういう事が社員がもうその会社を辞めようと思った時に未払いの賃金があると訴えて後になってかなりまとまった金額の支払いを求めてくる事があります。

そういう事が今の時代は頻繁に起きやすくなってます。
なぜなら、今はネットで簡単に未払い賃金の対処法があってプロが積極的にその仕事を受けているからです。

それによって時効ギリギリまでタイムカードの写しを要求されて
いくら未払い賃金があるか正確に計算してきます。

もちろん、その際には端数の切り捨てなどはないです。
それで、それまで当たり前にやってきたその会社の給料の計算方法が否定されます。実際にそういう事がありました。

ですから、そういう給料計算をめぐる争いを避けるためにも
タイムカードから給料がいくらになるか計算する時はその計算法をしっかり労働者と話しておく必要があります。

そこを怠ってしまっていると端数を捨てて給料を計算していた時に
未払いの賃金があると言われてしまう事があるので注意しないといけないです。

そういう事があるのを労働者の多くは知らないです。
タイムカードにある労働時間に対して給料が払われていると
思っているので、まさか端数が切り捨てられて計算しているとは思ってないので会社はそこも考えて端数の処理をしていかないといけないです。

そうしないと、労働者はタイムカードの端数を切り捨てていると思ってないので後になってその事で争いが生じる事があります。

実際に色んな企業が独自のルールでタイムカードの労働時間の端数計算をしています。もちろん、中には端数を切り捨てずに逆に切り上げている会社もあります。

ですが、そういう会社ばかりでないのが現実です。
でも、労働者からすれば切り上げているのが当たり前と思っている人が多いです。

まとめ

未払い賃金があると思われないようするためにもしっかりルールを伝えるか端数の切り上げをやるしかないです。

ここで中途半端な事をしていても良い事はないです。
しっかり給料計算について説明をしておくことで後々トラブルになる事もないです。

ここを意外と多くの会社が誤解しているので労働者に納得してもらった上で端数処理もしていかないといけないです。

もしくは端数を切り上げる事をやらないとずっと法的手段に訴えられる可能性があるのでそこをいい加減にしてはいけないです。

その他情報 提出期間・提出場所など

用語集

When(期間など)

Where(場所など)

Who(誰が)

What(何を)

Why(理由など)

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

知識×手続×技能

知識

コンテンツ

人事・総務

法人・個人・その他

法人

この情報は  さんが掲載しました。

メッセージを送って仕事を依頼しましょう

投稿内容、プロフィールなどを確認して仕事の内容・金額調整、顧問契約の調整などをしてみる。以下のボタンをクリックするとチャットメッセージで直接連絡がとれます。

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。

システム利用料完全無料、メールアドレス交換自由、SNS情報交換自由

■他社のクラウドソーシングサービスでは、高いシステム利用手数料を支払う必要があります。働いた成果から20%近くの手数料を取られるのは納得いかないとよく聞きます。

当社サービスでは、 システム利用手数料は完全無料 にしております。

■他社のクラウドソーシングサービスでは、メールアドレスの交換、SNS情報の交換などを不正とみなされます。システム利用手数料を取るために様々な規制を取らないといけないためです。

当社サービスでは、マッチングしてもらうことが目的のため自由にメールアドレスの交換、SNS情報の交換をしていただいて問題ありません。さらにマッチング後の直接取引を行ってもらっても一切問題ございません

コメント

タイトルとURLをコピーしました