アーカイブ: 法務

一人で税理士等に依頼せずに株式会社を設立する方法

株式会社の設立は、一人でつくれば専門家に支払う30万円~40万円が節約できます。 わたしが経験した会社の設立時の手順を記載したいと思います。 会社で何をやる(会社基本事項の決定) 財務経理と経営企画をやってきたので管理コンサル業務をやります。 会社名決定(類似商号の調査) ヤフーやグーグルの検索エン…
続きを読む

外国人労働者の労務管理について 申請取次行政書士がご説明

日本の労働人口の減少を補うために「特定技能」の在留資格が新設されるなど、在留資格は、大きな変革期を迎えています。 今後、多くの外国人が日本に流入することが予想され、外国人に関する労務管理体制の整備も企業の責務となっています。 こちらの記事では、外国人労働者の労務管理の一般的な注意点についてご説明して…
続きを読む

外国人労働者の採用について 申請取次行政書士がご説明

外国人の方が日本で就労されるためには、就労可能な在留資格を取得される必要があります。 しかし、外国人を雇用される際には、在留資格以外の注意点もございます。 こちらの記事では、外国人労働者の採用について、一般的に注意すべき点をご説明しております。 出入国在留管理庁に提出される雇用契約書について 在留資…
続きを読む

外国人労働者雇用におけるトラブルについて 申請取次行政書士がご説明

外国人労働者は、今後増加することが予想され、平行して外国人労働者のトラブルの増加も懸念されています。 こちらの記事では、職種を問わず一般的にトラブルが予想される事例と、その対処法をご説明しております。 企業側との在留資格のトラブル 外国人の方が日本で就労される場合には、就労が可能な在留資格を有してい…
続きを読む

在留資格の基本情報② 申請取次行政書士がご説明

在留資格を取得される際には、まずは、法務省のホームページにて要件及び必要書類をご確認いただく必要がございます。()。 こちらの記事では、在留資格を申請される際の、注意点をご説明しています。 申請の種類について 例えば、外国にいらっしゃる外国人の方の在留資格を申請される際には(実際のお手続きは、日本国…
続きを読む

在留資格の基本情報① 申請取次行政書士がご説明

在留資格とは、外国人の方が適法に、日本に滞在されるための資格を示します。 在留資格は、一般的に「ビザ」と呼ばれていることが多いですが、入管法上の取決めは異なります。 在留資格は、日本に在留するための資格。ビザは、査証を示し、旅券(パスポート)が正式かつ有効であることを確認し、日本への入国と滞在を認め…
続きを読む

登記事項証明書(登記簿謄本)は登記申請中に取ることが可能なのか?

登記申請中に登記簿謄本をとれるかどうか試してみました。 法務局の「登記・供託オンライン申請システム」をつかって登記中に 登記簿謄本が必要であったため申請してみましたら 現在、登記手続き中のため 証明書の交付請求はお受けできません。とでました。 システム上は、受付をしてくれないようです。 いつ取れるよ…
続きを読む

退職時の手続について

知り合いの会社でも退職時にいろいろな問題が起こったりします。 退職際に何を会社としてやっておけなければならないのかをしっかりと押さえておきましょう。 社員の退職の手続 社員の退職の手続きは、最終出勤日までにすべき手続き、退職日にすべき手続き、退職日以降にすべき手 続きの3つに分けられます。また、手続…
続きを読む

絶対!経営者が知っておきたい労働基準法とは

経営者が知っておくべき労働基準法 皆さんは労働基準法について知っていますか。今回は企業が知っておくべき労働基準法についてみていきたいと思います。まずあまりにも労働基準法を守っていないと労働基準監督署から立ち入り調査が来ることになります。 そもそも労働法とは何でしょうか?じゃあ労働三法とは何かに見てい…
続きを読む