アーカイブ: 財務・経理

一人で税理士等に依頼せずに株式会社を設立する方法

株式会社の設立は、一人でつくれば専門家に支払う30万円~40万円が節約できます。 わたしが経験した会社の設立時の手順を記載したいと思います。 会社で何をやる(会社基本事項の決定) 財務経理と経営企画をやってきたので管理コンサル業務をやります。 会社名決定(類似商号の調査) ヤフーやグーグルの検索エン…
続きを読む

有価証券報告書(開示)の流れ

上場企業で必須の業務、開示業務。 何をしたら開示書類ができあがるのかなんとなくはわかっているものの、実際の作業になると結構あたふたとする仕事です。 というのも、開示書類のミス次第でその企業の経営陣の質や企業そのものの信憑性を問われたり、追加で訂正の文書(適時開示)をする大きな手間が発生するので、本気…
続きを読む

事業承継制度とは?

2018年の4月1日から、『事業承継税制』について、これまでの措置に加え、法人の事業承継がしやすくなる特例措置が創設されました。 これにより、事業承継税制の認定申請が飛躍的に増加しています。 そして2019年度の税制改正では、個人事業主のための『個人版事業承継税制』も創設され、個人事業主も事業承継が…
続きを読む

会社が倒産したときの税金はどうなるのか?

    会社が倒産したとき、支払いが滞っていた滞納税金や法人税などはどうなるのか? 法人が消滅しても払わなければいけないのか? それとも免除されるのか? これら会社の倒産後の税務処理について詳しくご紹介します。 『倒産』は法的に定義されていない?  実は『倒産』とは法的に定義され…
続きを読む

印紙税は必要か否か?いくらの印紙を貼ればいいの?②

  前回は、印紙税の基本についてみてきました。 (前回の記事はこちら→印紙税は必要か否か?いくらの印紙を貼ればいいの?①)   印紙税ついて、国税庁web-tax-tvで解説されているものも参考になりますので、ぜひご覧ください。 国税庁 web-tax-tv(←動画が再生されます…
続きを読む

印紙税は必要か否か?いくらの印紙を貼ればいいの?①

  契約書や領収書に貼る印紙。 具体的にどのような文書にいくら貼ればいいのか? 印紙税とは。印紙税を納める方法とは。 収入印紙を貼らないとどうなるか。 印紙税を節約する方法も含めて徹底解説します。   印紙税とは 印紙税は、日常生活ではあまりなじみのない税金かもしれません。 しか…
続きを読む

2019年 5月度【月次決算管理】 必見!非上場企業【一般会社】経理マン  職場で評価される会社の手続 年収アップシリーズ

2019年5月度スケジュール(12月決算) 今月は、先月に比べてタイトでは、ないはずです。 ゴールデンウィークなどの休みが多い月などは、事業サイドの協力を得られなかったりして大変だったりします。 まぁ、こういう余裕のある月は、社内の改善や自分のレベルアップを図りましょう。 動画でスケジュール 動画で…
続きを読む

消費税の課税区分の判定をわかりやすく解説!②

前回は、消費税のしくみについてみてきました。 (前回はこちら⇒消費税の課税区分の判定をわかりやすく解説!①)   今回は、 消費税の課税区分がなぜ重要なのか 課税区分の判定のポイント についてみていきましょう。   消費税の課税区分とは 消費税の課税区分は4つあります。 ①課税 …
続きを読む

消費税の課税区分の判定をわかりやすく解説!①

消費税の「課税・非課税・免税・不課税」といった課税区分といわれるものの判定に直面するのは、会社の経理担当者や経営者だと思います。 区分の判定は難しい、よくわからない、と感じていませんか? それもそのはず。 その理由には、 消費者と事業者の立場の違い 間接税とよばれる税金のしくみ によるものです。 消…
続きを読む

なぜ個人との契約を会社が嫌うのか?嫌われない源泉徴収あり請求書の作り方 消費税と源泉徴収 端数処理は?

報酬の源泉徴収は経理に嫌われる 経理担当者は、個人との契約って話が来ると嫌々でどうにかしてやらない方法を考える。 「個人の場合は、信用力がないので何かあったら損害補償できませんから」 「なるべくなら会社との締結にしてください」 よくこんな回答されます? 営業サイドからすると、この人は会社とか個人とか…
続きを読む
12