登記申請中に登記簿謄本をとれるかどうか試してみました。

法務局の「登記・供託オンライン申請システム」をつかって登記中に

登記簿謄本が必要であったため申請してみましたら

現在、登記手続き中のため 証明書の交付請求はお受けできません。とでました。

システム上は、受付をしてくれないようです。

いつ取れるようになるのか?

登記申請をして終了するまでは、まぁ 1週間程度の期間がかかると思われます。

登記申請中であれば、時間をおいて申請する必要があるでしょう。

聞いたところによると登記申請中に証明書を発行してしまうとタイミングによっては虚偽の証明書をだしてしまう

恐れがあるためにできないようです。

登記簿謄本って結構、重要な契約を締結するときに添付を求められるのでその辺は厳格なのでしょうね。

登記申請をする前に重要な契約の締結がないか 確認しておく必要があるんでしょうね。

管轄法務局の窓口までいけばどうにか?

管轄法務局の窓口までいけば、登記申請をしていないもの以外の証明書はどうにか出してもらえるようですが

行った人から聞くと通常よりも時間がかかったようです。

 

投稿者プロフィール

エレファント・ジェット・ジン先生
エレファント・ジェット・ジン先生
法律関係が得意だぞう。
会社の法律関係で法務、人事、総務関連の実務に精通している。

会社のアクションは、すべて法律がからむぞう!
人事評価で会社は、腐りますぞう!

が口癖

その他情報 提出期間・提出場所など

用語集

登記・供託オンライン申請システムは,申請・請求をインターネット又はLGWAN・政府共通ネットワークを利用して行うシステムです。
 登記・供託オンライン申請システムは,平成23年2月14日から,法務省オンライン申請システムとは別のシステムとして運用を開始しました。
 登記・供託オンライン申請システムを利用することにより,登記所等の窓口に出向くことなく,自宅やオフィスなどからインターネット又はLGWAN・政府共通ネットワークによる申請・請求や電子公文書の取得が可能となります。

 なお,書面の提出又は郵送による申請・請求も,従来どおり窓口で受け付けています。
https://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/whats/what_top.html

When(期間など)

Where(場所など)

Who(誰が)

What(何を)

Why(理由など)

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

知識×手続×技能

知識

コンテンツ

法務

法人・個人・その他

法人

この情報は  さんが掲載しました。

メッセージを送って仕事を依頼しましょう

投稿内容、プロフィールなどを確認して仕事の内容・金額調整、顧問契約の調整などをしてみる。以下のボタンをクリックするとチャットメッセージで直接連絡がとれます。

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。

システム利用料完全無料、メールアドレス交換自由、SNS情報交換自由

■他社のクラウドソーシングサービスでは、高いシステム利用手数料を支払う必要があります。働いた成果から20%近くの手数料を取られるのは納得いかないとよく聞きます。

当社サービスでは、 システム利用手数料は完全無料 にしております。

■他社のクラウドソーシングサービスでは、メールアドレスの交換、SNS情報の交換などを不正とみなされます。システム利用手数料を取るために様々な規制を取らないといけないためです。

当社サービスでは、マッチングしてもらうことが目的のため自由にメールアドレスの交換、SNS情報の交換をしていただいて問題ありません。さらにマッチング後の直接取引を行ってもらっても一切問題ございません