法人税・地方法人税の計算の際に気に掛けておいてもらいたいことです。

 

わかりやすくするために単純な数値で税金計算をしたいと思います。

中小法人等で 利益が 3,143円が出たとします。

課税標準となる所得金額 1000円未満切り捨て

その際、ルールを知らないと 

3143円×15%

と計算したくなるかもしれませんが。

1000円未満切り捨てして、

3000円×15%

で計算します。

そうすると

450円

が法人税・地方法人税だと思いますが。

確定額は 100円未満切り捨て

さらに この確定額に対して 100円未満が切り捨てられます。

結果、 

確定額は 400円 

となります。

まとめ

税金の計算は、単純であるのですが細かいポイントがあります。

ソフトで計算すると こんな形で計算されるのでルールを知らないとソフトのバグじゃないかと思ってしまいます。

システムを信じるのでなく、きっちりと計算しているなとチェックできるようになるとワンランクアップですね。

1時間当りのおおよそのコンサル料金・おおよその月額サービス料・Myサイト・連絡先

1時間当りのおおよそのサービス料金

 円 ※あくまでも目安であり連絡先を交換して交渉してください。

おおよその月額サービス料

 円 ※あくまでも目安であり連絡先を交換して交渉してください。

電話番号

メールアドレス

サイト

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

コンサルタント

ビジネス系

コンテンツ

財務・経理・税務スキル

法人・個人

この情報は  さんが掲載しました。

投稿者のすべてのサービスの内容・プロフィール等

メッセージを送って相談や仕事を依頼しましょう

投稿内容、プロフィールなどを確認して仕事の内容・金額調整、顧問契約の調整などをしてみる。以下のボタンをクリックするとチャットメッセージで直接連絡がとれます。

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。