指定したファイルを開く

【VBA】 予実差異分析自働化ファイルを作ってみる 1.新規ファイルを開く・保存する

【VBA】予実差異分析自働化ファイルを作ってみる 2.予算ファイルのシートをコピーして新規ファイルに貼り付ける

【VBA】予実差異分析自働化ファイルを作ってみる 3.コピーして追加したシートのデータを値貼り付けに変える

予実差異分析をする際には、常に予実差異に使っているExcelファイルを開いてデータ加工する作業が多いので

開きたいファイルを簡単に開けるようにするプログラムコードが以下です。

 

Sub openfile()
‘ワークブックを定義する
Dim wb As Workbook
‘文字列を定義する
Dim fileName As String
‘変数にファイル名の文字列を代入
fileName = “2022年度予実差異.xlsx”
‘指定したExcelファイルを開く
Set wb = Workbooks.Open(“C:\Users\OwnerDesktop\” & fileName)

End Sub

1時間当りのおおよそのコンサル料金・おおよその月額サービス料・Myサイト・連絡先

1時間当りのおおよそのサービス料金

 円 ※あくまでも目安であり連絡先を交換して交渉してください。

おおよその月額サービス料

 円 ※あくまでも目安であり連絡先を交換して交渉してください。

電話番号

メールアドレス

サイト

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

コンサルタント

Excel・PowerPoint・ワード系 ITエンジニア系

コンテンツ

財務・経理・税務スキル ソフトウェア開発・Web開発・HP制作・プログラミング Excel・Word・Powerpoint等スキル

法人・個人

法人

この情報は  さんが掲載しました。

投稿者のすべてのサービスの内容・プロフィール等

メッセージを送って相談や仕事を依頼しましょう

投稿内容、プロフィールなどを確認して仕事の内容・金額調整、顧問契約の調整などをしてみる。以下のボタンをクリックするとチャットメッセージで直接連絡がとれます。

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。