【本だと分からない人向け】vol.9 pyファイルを作って一気に実行してみる 【動画】【画像】で理解
0(0件)

pyファイルを作成してみる

今度は、Googleスプレッドシートの操作を今までは、Powershellを使って1行ずつ確認しながらやっていましたがこれをpyファイルを作って一気に処理したいと思います。

PowerShellを使ってPythonのコードを確認する。

VisualSudioにコードを書いていきます。

Visual Studio Codeをインスールする

以下のコードをVisual Studio Code に貼り付けて 拡張子 .py  で保存してみる。

PythonでGoogleスプレッドシートを操作してみる

とりあえずデスクトップに保存してみます。wtest.py で保存しました。

pyファイルを実行してみる

実行する際には、ファイル名.py をPowershell に貼り付けてenterキー で実行します。

しかしながら、Googleスプレッドシートに何も文字が記載されません。

pyファイルの置く場所が良くないのでしょうね。

Anaconda3がインストールされている  C:UsersOwner フォルダにおいてみましょう。

しかしながらここにファイルを置いても実行されません。

後からインストールした

gspread

oauth2client

を読んでくれないみたいですね。

フォルダのパスの順番が影響しているのでしょうが、環境PATHを色々といじってみたがダメです。

では、今度は、gspread・oauth2client がインストールされているところにファイルを置いてみます。

再度、ファイル名.py をPowershell に貼り付けてenterキー で実行してみると

Googleスプレッドシートに 文字を記載してくれました。

動画で見ると以下のような感じで表示されます。

Pythonで業務自動化 Googleスプレッドシートを自動に操作するプログラム

まとめ

とりあえず、pyファイルで一気にGoogleスプレッドシートを操作することができましたが、パスの所をもう少ししっかりと勉強しないといけないですね。

プログラムは、設定ができればものすごく短縮できるのですが、詰まると結構、時間が取られてしまいます。生みの苦しみというところで引き続き勉強です。

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

メッセージを送って仕事仲間を増やそう

メッセージを送って仲良くなる

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。

投稿者のプロフィール
この記事の投稿者

知識×手続×技能plusコミュニケーション が身につけば会社では全く苦労することなく生産性が上がられると考えている。

テクノロジーで集客・販促や仕事の能率を上げていくことを中心に投稿していきます。

名前:バイソン・ポーンjr.
ニックネーム:バイソン
得意な分野:システム関連、システムを使った集客・販促

YouTube漫画 全15話 名塾長バイソンの主人公 主人公なのに出番は少ないです。
↓↓↓見たい方は、是非クリックして漫画をみてください。

バイソン・ポーンjr.をフォローする
バイソン・ポーンjr.をフォローする
Intelligenceshare

コメント

タイトルとURLをコピーしました