pyファイルを作成してみる

今度は、Googleスプレッドシートの操作を今までは、Powershellを使って1行ずつ確認しながらやっていましたがこれをpyファイルを作って一気に処理したいと思います。

PowerShellを使ってPythonのコードを確認する。

VisualSudioにコードを書いていきます。

Visual Studio Codeをインスールする

以下のコードをVisual Studio Code に貼り付けて 拡張子 .py  で保存してみる。

PythonでGoogleスプレッドシートを操作してみる

とりあえずデスクトップに保存してみます。wtest.py で保存しました。

pyファイルを実行してみる

実行する際には、ファイル名.py をPowershell に貼り付けてenterキー で実行します。

しかしながら、Googleスプレッドシートに何も文字が記載されません。

pyファイルの置く場所が良くないのでしょうね。

Anaconda3がインストールされている  C:UsersOwner フォルダにおいてみましょう。

しかしながらここにファイルを置いても実行されません。

後からインストールした

gspread

oauth2client

を読んでくれないみたいですね。

フォルダのパスの順番が影響しているのでしょうが、環境PATHを色々といじってみたがダメです。

では、今度は、gspread・oauth2client がインストールされているところにファイルを置いてみます。

再度、ファイル名.py をPowershell に貼り付けてenterキー で実行してみると

Googleスプレッドシートに 文字を記載してくれました。

動画で見ると以下のような感じで表示されます。

まとめ

とりあえず、pyファイルで一気にGoogleスプレッドシートを操作することができましたが、パスの所をもう少ししっかりと勉強しないといけないですね。

プログラムは、設定ができればものすごく短縮できるのですが、詰まると結構、時間が取られてしまいます。生みの苦しみというところで引き続き勉強です。

1時間当りのおおよそのコンサル料金・おおよその月額サービス料・Myサイト・連絡先

1時間当りのおおよそのサービス料金

 円 ※あくまでも目安であり連絡先を交換して交渉してください。

おおよその月額サービス料

 円 ※あくまでも目安であり連絡先を交換して交渉してください。

電話番号

メールアドレス

サイト

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

コンサルタント

ITエンジニア系

コンテンツ

ソフトウェア開発・Web開発・HP制作・プログラミング

法人・個人

法人

この情報は  さんが掲載しました。

投稿者のすべてのサービスの内容・プロフィール等

メッセージを送って相談や仕事を依頼しましょう

投稿内容、プロフィールなどを確認して仕事の内容・金額調整、顧問契約の調整などをしてみる。以下のボタンをクリックするとチャットメッセージで直接連絡がとれます。

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。