ワードプレスは、世界で一番利用されているCMS

ワードプレスは、非常な便利なホームページの作成構築ツールであり、多くのコーポレートサイト作成や個人発信用のブログとしても活用されております。

Web調査の W3Techs でも 以下の図の通りです。

WordPress is used by 43.3% of all the websites と書かれているように

世界のサイトで43.3%が利用されているようです。(2022年2月3日時点)

 

狙われやすいCMS

ワードプレスは、世界の人が使っているCMSですので、非常に便利で多数のプラグインやテーマもあるため簡単に綺麗なサイトも作ることが可能です。

その反面、多くの人が使っているということは、セキュリティの脆弱性を狙えれば、ハッカーにとっては多くのサイトを一気に改ざんできたり、情報を抜き取る事ができるため狙われやすいCMSとも言われています。

セキュリティ対策をしておこう

プラグインの自動更新

ワードプレスの最大の特徴は、プラグインです。簡単に言うと天才が作った優れた機能を簡単にあなたのサイトに実装できるソフトだと思ってください。

あなたのサーバーに誰かが作ったプログラムをインストールすることになりますので、安易に色々なものをインストールしない方が良いでしょう。評価の高いみんなが使ってそうなものを入れたり、信用できる方が作られた者をインストールしましょう。有効化することによってこの便利な機能をあなたのサイトでも使えるようになります。

プラグインも常に更新されています。手動更新という手もあるのですが、サイトを放置していて忘れていたということもよくありますので自動更新の設定をしておきましょう。

パスワードを複雑にする

なんだかんだで、管理者権限のユーザーIDとパスワードが漏れてサーバーにアクセスされるという単純な侵入方法で情報を抜かれたり、ホームページを改ざんされたりするケースは実は一番多いのです。

であるならば、パスワードはしっかりと複雑にしておきましょうということです。

日頃、よくサイトを更新される方は、業務の利便性を考えてパスワードを簡単にして容易にログインできるようにされる方が多いです。仕事は楽になるかもしれませんが、リスクを増やしてしまっています。ワードプレスにお客様情報などがある場合には、もっと慎重に行動した方が良いでしょう。

ユーザー設定で、新しいパスワード設定 のボタンを押しますと 強力な パスワードを設定してくれます。

面倒くさいとは思いますが、これぐらい強固のパスワードで管理しておきましょう。

 

まとめ

まずはプラグインの自動更新、パスワードの複雑化と簡単なセキュリティ対策ですが、これだけでもかなりセキュリティが強固になったと思います。意外とこんな単純なことでもしていない人は多いのが現状です。

大事なデータを守るためにもまずは、きっちりと設定しておきましょう。

 

1時間当りのおおよそのコンサル料金・おおよその月額サービス料・Myサイト・連絡先

1時間当りのおおよそのサービス料金

 円 ※あくまでも目安であり連絡先を交換して交渉してください。

おおよその月額サービス料

 円 ※あくまでも目安であり連絡先を交換して交渉してください。

電話番号

メールアドレス

サイト

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

コンサルタント

セキュリティ系

コンテンツ

ソフトウェア開発・Web開発・HP制作・プログラミング

法人・個人

法人

この情報は  さんが掲載しました。

投稿者のすべてのサービスの内容・プロフィール等

メッセージを送って相談や仕事を依頼しましょう

投稿内容、プロフィールなどを確認して仕事の内容・金額調整、顧問契約の調整などをしてみる。以下のボタンをクリックするとチャットメッセージで直接連絡がとれます。

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。