上場準備3年間のスケジュール 3期前 監査法人ショートレビュー

監査法人ショートレビュー

3期前で監査法人を選定すると監査法人からショートレビューを受けることになります。監査契約締結前の調査のようなことです。前回、上場審査書類の中に「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」があり、監査報告書の付いた2期間の財務諸表が必要 であると説明した思います。 ショートレビューを受けて、問題がなければ2期前からの監査契約締結することが可能となります。ショートレビュー実施後において、不合格となりますともう一年、上場時期が延長することになります。 ショートレビューは、どのようなことが行われるかというと主に以下の内容です。

利益管理体制の調査

中期経営計画及び年次予算を作成し、予実差異分析を実施する予算制度の整備状況の調査

業務管理体制の調査

販売管理、購買管理、在庫管理、原価管理、財務管理、固定資産管理、決算財務報告などの主要な業務の整備状況の調査

経営管理組織の調査

コーポレートガバナンス、すなわち取締役会や監査役会の構成を含めた会社の組織体制・内部牽制、各種規程類の整備状況の調査

関連当事者等との取引状況や関係会社の調査

関連当事者等や関係会社の取引内容の把握の調査

会計処理に関する調査

重要な会計方針の内容調査、ディスクロージャーに求められる月次・年次決算の実施状況の調査 調査の内容からみても、かなり高度な財務経理の管理が求められることが分かると思います。 だから上場を目指すと決めたら、財務経理を管理するリーダ格となる候補を決めて、どんどん改善してもらって突き進むしかありません。社内は、多少、今までと違って堅苦しくなってしまいます。「今までと違う、こんなことやりたくない」と社員から抵抗を受けるかもしれませんが、社長は、財務経理の担当者をバックアップして社内の体制が整うように協力してあげてください。 残念ながら上記の事が、できないと監査法人と監査契約を締結してもらえず、永遠に上場することができないのです。

ショートレビューは、いくらぐらいかかる?

監査法人のショートレビューもかんたんでありません。2~3人ぐらいの公認会計士が時間をかけて調査します。あらゆる会社の書類をチェックされます。専門家が時間をかけてチェックしますのでショートレビューだけでも300万円~500万円ぐらいはかかると思っておいてください。 チェックだけでと思うかもしれませんが、それだけ上場を目指すと言うことは、お金がかかると言うことを理解しておいて欲しいと思います。 せっかくショートレビューを受けて、不合格で監査契約締結を出来ませんとなったらお金の無駄となってしまいます。ショートレビューを受けるのも本当に体制が整っている状態で受けましょう。 やらなければいけないポイントというのは、決まっているので、ショートレビュー受ける前に事前に上場準備経験者や公認会計士に軽く確認してもらうのもいいかもしれません

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

メッセージを送って仕事仲間を増やそう

メッセージを送って仲良くなる

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。

投稿者のプロフィール
この記事の投稿者

名前:龍神 龍太郎
ニックネーム:龍太郎 副塾長

財務、経理、税金を得意としています。

会社では、数字で評価されるからこそ数字を理解する必要があります。

AIが管理する時代だからこそ、数値の本当の意味を理解する必要があります。

PLだけでしか語れない管理職は、令和時代は、終わりです。

龍神 龍太郎をフォローする
龍神 龍太郎をフォローする
Intelligenceshare
タイトルとURLをコピーしました