0(0件)"> 0(0件)">

【合格体験記】TOEIC|必勝勉強法!僕がTOEICの為にやってきた勉強を紹介!
0(0件)

どんな資格か?

TOEICとは

日常生活やグローバルビジネスにおける使える英語の力を測定する、世界共通のテスト。

聞く・読む力を測るListening & Reading Test と、話す・書く力を測るSpeaking & Writing Testsがあります。
日本での認知度が非常に高く、就職・転職活動で企業から評価されることが多いです。

TOEICで高得点を取ることは、英語ができる人だと証明する最もいい手段の1つとなっています。

経歴

TOEIC|2018年度  785点

学歴 高知工業高等専門学校卒業 高知工科大学卒業
勤務先
宇宙業界
得意な科目
理数系科目
不得意な科目
国語

知識_モチベーション

元々私は陶芸家をやっていて、自身の作品をより多くの人に見てもらいたいという想いがありました。

陶芸を離れた後も、私は世界に出て、国際的な職場で英語を使って、様々な国の方と仕事をしたいという想いを持っています。

多国籍な環境で人々と接することで、自身の国際感覚や考え方を鍛え、世界で通用するグローバル人材になりたい。
その手段として、英語の勉強を始めたのがきっかけです。

知識_ストラテジー

僕のコンセプトは「楽しみながら勉強をする」です。
なので自身が興味のある分野と英語を結び付け、英語の勉強を楽しむことに注力しました。

例えば、自分の好きな小説の英語版やゲームの英語版を、読んだりプレイしたりする事でリーディング力を鍛えたり、ネットを駆使して、アメリカ人の友達を積極的に作って、自分の英会話力を鍛えたりしてきました。
そうする内に、海外留学などをせずに、独学で自然と英語力を鍛えられました。

それに加えて、TOEICの資格の対策もしっかりとやってきました。特におすすめなのは公式問題集です。
やはり試験ですので、その問題ズバリに慣れるという行為は必要だと思います。
ですので、リスニングの為に、PART2のやり取りや、PART3,4の長文問題をひたすら使い倒しました。
リーディングの関しても、PART7の長文問題をとにかく使いました。
繰り返し解くことで、TOEICによく出てくる単語も覚えていきましたし、
問題の流れが予想できるようになってきます。

そして忘れてはいけないのが、文法問題です。
これは本当に事前に文法をしっかり勉強して、繰り返し解いて慣れておかないと、本番で素早く解くことができずに時間を大幅にロスしてしまいます。
ネイティブの方でも間違えるときがありますので、この文法問題に力を入れるのも1つの手です。

手続_スケジューリング

とにかく時間を捻出するために、隙間時間を上手く使って勉強しています。

例えば、朝起きてから仕事に行くまでの数十分に覚えた英単語を復習します。

そして通勤中も予めコピーしておいた公式問題集の長文問題を読むなど工夫をしています。
お昼の休憩時間もTOEICのリスニングの音声を聴くなどしています。

そして夜帰宅後からが本番です。
まず30分ほど公式問題集のPART3,4の長文問題を使い、リスニングの勉強をします。
その後1時間ほどかけて、後半のPART7の長文問題を解いて、その後10回ほど繰り返し問題文を読み込むようにしています。

技能_テクニック

先程少々書かせていただいたのですが、仕事をしている方々はとにかく時間がないと思います。
ですので、隙間時間を上手く使うことが自身の英語力を伸ばす大きなポイントです。

通勤時間など、電車の中であらかじめ作っておいた単語カードを復習したり、プリントしておいた長文問題を読むのも良いですし、スマホなどでTOEICの音声を聴くのもいいと思います。

とにかくそのような隙間時間を使って時間を作るのがポイントです。

この時のコツは、無理なスケジュールは立てないことです。
時間を作ることと同じくらい大事なのは「継続する事」です。
少し勉強したくらいで英語は身につきません。
ですので、自身が無理なく続けられる時間や方法を試してください。

コミュニケーション

英語を勉強していると、同じ志を持った方と知り合いになったりすることがあります。

例えば、何も1人で勉強する必要はないですので、英語のレッスンに参加してみてもいいと思います。値段は比較的高いですが。
そこで出会った人たちと情報を交換したりして、モチベーションを高めるのもいいと思います。

他にも実際に外国人の方と仲良くなって、英語でコミュニケーションをとるという方法もあります。
僕はこのパターンでした。語学のみでなく、異文化と交流することで自身の価値観や視野を広げる絶好の機会になるかもしれません。

英語を勉強することの醍醐味は、やはりこの「異文化に触れることで、自身の視野や可能性を広げていく」事だと思っています。

受験生へ

英語を勉強するということは、その先に様々な国の方と関わっていくということです。
英語をきっかけにして、異国の人々、文化や考え方に触れると自分の今まで見えなかった可能性や強みに出会えるかもしれません。

ですので英語を勉強することは決して無駄にはなりません。
自身の目標をしっかり決めて取り組んでください。

その他情報 提出期間・提出場所など

用語集

When(期間など)

Where(場所など)

Who(誰が)

What(何を)

Why(理由など)

※免責事項

投稿内容には、見解の相違もあり投稿者の見解で記載される事項もあります。実践されたことによる損害等の責任は、運営者・投稿者を含め一切負いかねますのでご了承ください。

知識×手続×技能

知識 技能

コンテンツ

資格試験合格体験記

法人・個人・その他

個人 その他

この情報は  さんが掲載しました。

メッセージを送って仕事を依頼しましょう

投稿内容、プロフィールなどを確認して仕事の内容・金額調整、顧問契約の調整などをしてみる。以下のボタンをクリックするとチャットメッセージで直接連絡がとれます。

※メッセージを送信するためにはログインが必要です。

システム利用料完全無料、メールアドレス交換自由、SNS情報交換自由

■他社のクラウドソーシングサービスでは、高いシステム利用手数料を支払う必要があります。働いた成果から20%近くの手数料を取られるのは納得いかないとよく聞きます。

当社サービスでは、 システム利用手数料は完全無料 にしております。

■他社のクラウドソーシングサービスでは、メールアドレスの交換、SNS情報の交換などを不正とみなされます。システム利用手数料を取るために様々な規制を取らないといけないためです。

当社サービスでは、マッチングしてもらうことが目的のため自由にメールアドレスの交換、SNS情報の交換をしていただいて問題ありません。さらにマッチング後の直接取引を行ってもらっても一切問題ございません

投稿者のプロフィール
この記事の投稿者
マイティー

私は世界で活躍したいという想いから、これまで英語を必死に勉強してきました。
初めはTOEIC455点だったのですが、自身で試行錯誤を重ね、様々な英語勉強法を試し、
独学で海外に行かずにTOEIC785点まで伸ばすことに成功しました。

そして今、私は国際的に活躍できる宇宙業界で働いています。

なので英語の勉強に対して、様々なアドバイスができると思います。

マイティーをフォローする
マイティーをフォローする
Intelligenceshare

コメント