技能

一級建築施工管理技士を最年少で合格した話

記事の概要 一級建築施工管理技士を当時最年少で合格した話 資格の合格体験記 一級建築施工管理技士と聞いて何を思い浮かべますか? あまり馴染みのない資格かもしれませんが、建築を施工するための最高資格です。 いわゆる現場監督と呼ばれる人たち...

一級建築士の取得について

記事の概要 一級建築士を当時最年少で合格した話 資格の合格体験記 まず、一級建築士は日本の五大難関資格といわれており、学科製図どちらも突破する総合合格率に関しては13%前後であり、かなり難しいです。 とは私は思いません。 学校に通い、全...

【合格体験記】韓国語能力検定|2019年度合格|普通のおばちゃんがバイリンガル(韓国語)へ~

【どんな資格か?】 韓国語能力試験(TOPIK)は、大韓民国政府(教育省)が認定・実施する唯一の韓国語試験です。世界70カ国以上で一斉に実施されており、日本では年に2回、4月と10月に1回ずつ行われていましたが、昨年受験者数が増えて7月にも...

【合格体験記】税理士|紆余曲折、苦節10年の話

どんな資格か? ひとえに国家資格といっても、さまざまな資格があり、そのレベルも競争率も多様だと思います。 税理士試験は、難関とはいえ、合格までにかかる年数は人それぞれです。 2-3年で合格する人もいれば、10年以上かかる人もいま...

【合格体験記】繊維製品品質管理士|ファッションビジネス必携資格!

【どんな資格か?】 もともとは昭和56年度通商産業省の告示(平成9年12月19日廃止)に基づいて生まれたもので、現在一般社団法人 日本衣料協会が年1回7月第2日曜日(2020年~)に行う認定試験。 出題範囲が繊維関連ビジネスの全業種...

リストラ時代の副収入のための投資

サラリーマンの平均給与 国税局のページから参照すると 平均給与467万円(男子577万円、女子279万円)の内訳をみると、平均給料・手当は377万円(男子462万円、女子230万円)で、平均賞与は91万円(男子115万円、女子49万円)と...

有価証券報告書(開示)の流れ

上場企業で必須の業務、開示業務。 何をしたら開示書類ができあがるのかなんとなくはわかっているものの、実際の作業になると結構あたふたとする仕事です。 というのも、開示書類のミス次第でその企業の経営陣の質や企業そのものの信憑性を問われたり、...

【合格体験記】TOEIC|必勝勉強法!僕がTOEICの為にやってきた勉強を紹介!

どんな資格か? TOEICとは 日常生活やグローバルビジネスにおける使える英語の力を測定する、世界共通のテスト。 聞く・読む力を測るListening & Reading Test と、話す・書く力を測るSpeaking &amp...

【合格体験記】JDLA Deep Learning for GENERAL 2019#1(G検定)|自分の学習方法など

どんな資格か? この資格は、ディープラーニングを仕事に活かすための基礎知識を有しているかをみる試験です。この上位には実際にディープラーニングを扱う(実装する)エンジニア向けの「E検定」というのがあります。 G検定は受験資格制限がありません...

【合格体験記】コンピュータ会計能力検定2級

【コンピュータ会計能力検定2級】 ■どんな資格?? 現在の経理の現場では紙で伝票管理をするというのはほとんどなく、弥生会計や勘定奉行といった会計システムを用いてデータ管理をしています。 この資格では、そんな会計システムがどういう構造でどう...